ライナGOGO

11歳で旅立ったゴル、ライナとその翌日にやって来たシンバとの日々。三毛キアラ & 茶トラCharも加わってドタバタな日々。そして三代目となるゴル、翼が家族に!

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女の野望

2008.07.18

category : バルセロナ

comment(2) trackback(0)

初日は機内から飲み続け、長女は1日目にして電池切れ、三女は2日目
にして漏電、ひとり元気だった次女、何てったって茅ヶ崎で生まれ育ち、
バハマに5年、バルセロナの暑さもなんのその

3日目はそんな3人でガタゴトと電車に揺られバルセロナ近郊の
カバで有名なコルドニウ(コドーニュ)のボデガ(醸造所)に出掛けた。
サンツ駅から電車に揺られること35分、サン・サドゥルニ・ダ・ノイヤ
に到着。前もって調べておいたタクシー会社に電話するも英語通じず。
適当なスペイン語を喋って待つこと5分、ベンツで迎えに来てくれた!

フレシネ
駅前には日本でも有名なフレシネ社が
コルドニウ1
駅から車で5分、コルドニウのボデガ到着!
コルドニウ2
プッチ・イ・カダファルク設計のモデルニズモ様式の旧館
コルドニウ3
ツアー出発までロビーで待つ
ツアーは2ユーロ、一応事前予約が必要
コルドニウ4
ガイドの案内で醸造所の建物内へ
左から三女、長女、次女(えぇ、本当の姉妹ではございませんが)
コルドニウ5
ガイドのぺぺさんと談笑する三女
コルドニウ6
始めにコルドニウ社の歴史やカバの製法をビデオで見るのだが、
コルドニウ一族の写真を見た途端、ふと頭に閃めくものが!!
次女(独身)を一族の御曹司に嫁がせ、毎年バルセロナに三女と
共に招待してもらおう!と。そしてカバパーティの日々・・・
あっ、これはルミアージュ(動瓶)のイメージ
徐々に瓶を傾けていき澱を瓶口に集めて瓶口だけ凍らせ
後に澱だけ取り除く。
コルドニウ7
地下貯蔵庫ではこんなランプが灯っている
コルドニウ8
そしてトロッコに乗り込み
コルドニウ9
地下貯蔵庫(その長さは30キロにも及ぶらしい)を爆走
コルドニウ10
埃と酵母のかほりに鼻を押さえたくなるほど
コルドニウ11
何故か『カヴァ 東京』の文字が!?
コルドニウ12
そして最後はお楽しみの試飲・・・のはずが三女前へ呼ばれ
コルドニウ13
ぺぺさんにグラスの持ち方を指導される
コルドニウ14
手入れされた広大な庭もスゴイ
コルドニウ15
コルドニウ、また来る日まで。次女頼むぞ!

そういえば、日本でコルドニウのカバを見かけないなぁと思って
いたら、いつも寄る三浦屋(中央線沿線のスーパー)に置いてあった。
わ~懐かしいとばかりに一人でカパカパと飲んでいたら、お散歩係に
うわっ、お前手をどうした!?と驚かれた。いつの間にか右手が真っ青
になっていた。普通、酔うと赤くなるよなぁ、何故に青くなるのかアタシ

クララ
ビールをファンタレモンで割った『クララ』暑い日にはもってこい
カバサングリア
これはカバのサングリア
赤ワインで作る一般的なサングリアは欧米の観光客相手に
ワイン以外の強いお酒も入れて作る悪酔いするものと聞いて
いたので頼まなかったが、このカバのサングリアは当たり!
とっても美味しかった。あぁ、やっぱりお酒のことばかり・・・
スポンサーサイト

やっと来たよ

2008.07.16

category : バルセロナ

comment(10) trackback(0)

サグラダ1
朝日が当たるようにと東側に作られたサグラダ・ファミリア『生誕の門』
サグラダ2
そしてこれが見たかった
外尾悦郎さんが手掛けた「楽器を奏でる天使像」6体と「天使の合唱隊」9体
1984年に着手し16年かかって完成されたもの
2005年に生誕の門のファサードはユネスコの世界遺産に登録された
サグラダ3
入場料8ユーロを払って、西側の『受難の門』から中へ
この枝分かれした天井を支える柱にも圧倒される
しかし、エレベーター待つこと一時間と告げられ・・・
サグラダ4
待つ間、私達の前で待っていた男の子を撮らせてもらう
サグラダ5
エレベーターで上がった先には、4本の鐘塔
予定では鐘塔は全部で18本建てられるそう
サグラダ6
この鐘塔に鐘が取り付けられ、市内中にその音が鳴り響く頃また来たい
果たして生きてる内に可能なのかどうか・・・
サグラダ7
帰りはこの螺旋階段をひたすら降りていく
膝がぁ~

メガネシンバ
で、その後電池切れて皆に迷惑掛けたんだって?
歳を考えようね、母ちゃん

持って行くに決まってるじゃないの!

2008.07.14

category : バルセロナ

comment(4) trackback(0)

来たわ~

バルセロナに行くにあたって、お散歩係がひと言
「ま、まさかニコンは持って行かないよな?」
「はっ?何言ってるの?持ってくに決まってるじゃないの・・・」
あまりの愚問に二の句が告げず・・・
「いや、重くて荷物になるしさ・・・、ガウディとかって色んな人
が撮ってるじゃない」
今更私が撮ってもって言いたかったらしい。

でもね、この玩具やっぱり持っていって良かった。
D80 AF-S DX VR 18-200Gレンズキット、とにかく重い。
炎天下の中、グエル公園まで急勾配を汗だくになりながら
登って行くのはきつかった。しかし遂に・・・

グエル公園からバルセロナ市内を一望
あっ、あれは!!
み、見えた!
サグラダ・ファミリアだ!
クレーンだらけ
クレーンだらけ・・・
こ、こえ~
このモニュメント、登ったはいいが
帰りは怖くて真っ青

気を取り直して、公園内を散策
バルセロナの発展と共に財を成したグエル氏がガウディに依頼
した田園都市。グエル氏の死去によって未完に終わったけど、
晩年までガウディはここに住んでいたそう。

2階建ての中央広場
2階建になっている中央広場
市場になる予定だった
市場になる予定だった1階部分
ドーリス式列柱とモザイクタイルの天井が圧巻
モザイクタイルのベンチにて
あまりにも有名なモザイクタイルのベンチ
次女と三女休憩中
元レデイース隊長!?
夜露死苦!元レディース隊長と戦く三女
Cave状になっている
2階部分の奥はCave状になっていて
この中にトイレや売店がある
斜め柱
これも有名な斜め柱
某何とかランドのよう
某何とかランドのような雰囲気
ドラゴン君
人気者のドラゴン君
ウドとワタシ
『ウド』とワタシ

この後、サグラダ・ファミリアへと続く・・・

バルセロナで出逢ったワンコ達

2008.07.11

category : バルセロナ

comment(12) trackback(0)

グエル公園へ向かう途中にて
グエル公園に行く坂道で出逢った子

一昨年、NYCに行った3姉妹で今年はバルセロナまでガウディ詣で
に出掛けた。グエル公園、サグラダ・ファミリアもいいけど、
やっぱり目が行ってしまうワンコ達。

サンタ・マリア・デル・マル教会にて1
サンタ・マリア・デル・マル教会前で出逢った子

ピカソ美術館付近にて1
ピカソ美術館付近にて2
ピカソ美術館付近で出逢った子、暑いよねぇ

ハウメ・プリメラ近くの露店にて2
ハウメ・プリメラ近くの露店にて1
ハウメ・プリメラ近くの露店にて3
ジャウメ・プリメーラ近くの露天商の子達

バルセロネータにて6
バルセロネータにて1
バルセロネータにて2
海沿いのバルセロネータで出逢った子達

バルセロネータにて3
バルセロネータにて4
ママ、早く開けてよと言ってそう

30度を軽く超え、強い日差しの中では目を細めて笑っているように
見えるワンコ達。野良は見当たらなかったけれど、散歩中のワンコ
の半分以上がノーリードだった。ちゃんと躾けが入っているんだろう。

グエル邸の前で物乞いをしていた女の子が連れていた黒い子犬が
気になった。恵んでもらったお金で子犬にご飯を買ってやって欲しい
と願う。

リーリャSCにて
リーリャSC内で飼い主を待っていた子
写真を撮っていたらガードマンに笑われていたよアタシ
プロフィール

Angelagogo

Author:Angelagogo
ゴールデンレトリバー、ライナとシンバのお世話係

フリーエリア
エントラプーレ チャリティーコンサート
 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

Copyright ©ライナGOGO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。