ライナGOGO

11歳で旅立ったゴル、ライナとその翌日にやって来たシンバとの日々。三毛キアラ & 茶トラCharも加わってドタバタな日々。そして三代目となるゴル、翼が家族に!

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅立ち

2006.10.29

category : ライナ

comment(25) trackback(0)

ライナ、土曜日の朝にお母さんのもとへ旅立ちました。
応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

また出たのか!?

2006.10.27

category : 未分類

comment(4) trackback(0)

二日前の夜中、2時ごろだったでしょうか。
パソコンに向かっている私の横でお散歩係が突然この世の
者とは思えない声で喚き出しました。あっ、いつもの金縛りかと
揺り動かすこと数回…正気に戻った彼がひと言、
「おじさんが傍に立っていて手を握ってきた…」
「えっ!?まだ居るの?」
「いないよ、夢の中だったから…でも、ライナの息遣いと一緒に
そのおじさんの息遣いも聞こえてきたんだよなぁ…」
「それ、夢じゃないじゃん!居たんじゃない!!」(ゾォ~)

お散歩係ことわが夫、顔に似合わず霊感が強いようで。
このマンションに越してきてからも数回、見ているようです。
最初は髪の長い女性に首を絞められ(私の生霊という説あり)、
次はおかっぱ頭の女の子、そして玄関から彼の部屋へ入って
行く女性の影(その時私はライナとリビングで遊んでいた…)
金縛りもよくあり、強く揺り動かなさいと解けない。
そしてさっきも「うわぁっ」と飛び起きたので、今度は何ぃ!?
とちょっと怒りモードで聞けば、「寝坊したかと思った…」
もうやめて欲しい、身体は大きいけど心臓は小さいですから。

20061027003702.jpg
また見ちゃったの?

らく、安らかに

2006.10.25

category : プレーリードッグ

comment(6) trackback(0)

ライナの介護やら仕事で慌しかった最中、プレーリードッグのらくが
虹の橋を渡りました。仕事のピークも今日で最後という日でした。
現場の横浜から急いで帰宅、ライナの世話も一通り済んてふと、らくの
ケージを覗くと扉付近に倒れていました。慌てて抱き起こすとまだ
暖かい。マッサージをして名前を何度も呼びましたが、戻ってきては
くれませんでした。

今年で8歳でした。プレにしては長く生きてくれたでしょうか。
とっても賢くて、可愛い仔でした。呼べばやってくるし、トイレも
ちゃんと覚えていて、いつも寝床は整っていました。壊れた回し車を
器用に直しながら乗っていたり…本当に賢くていい仔だった。

「ぼのぼの」に出てくる幸せのプレーリードッグちゃんで初めて知り、
それから数年後、ペットショップの片隅で売れ残っている彼に出会い、
ほぼ毎日会いに行っていました。半年経ち、セールになっていた彼を
我が家にお迎えしました。が、プレーリドッグの飼い方なんて誰も
教えてくれません。そもそも野生動物、何を食べるんだろう?寝床は?
お水は?ネットの情報を頼りに試行錯誤の日々でした。それから数年、
保護された仔、帰国してしまうカナダの人から譲り受けた仔と我が家
のプレはいつの間にか4匹になっていました。練馬で保護されたぷく君
が今からちょうど2年前に虹の橋を渡り、そしてらくも渡ってしまいま
した。2匹は深大寺動物霊園に眠っています。
らく、あまりかまってあげられなくてごめんね。
ぷく君と仲良くね。
らく、安らかに。

20061025005724.jpg

やっとしてくれた

2006.10.21

category : ライナ

comment(6) trackback(0)

2日間、オシッコをしませんでした。
マッサージをしてもダメ、ベランダに連れていってもダメ、
いよいよカテーテル使用か…でも、一番近くの病院まで
どうやってライナを連れて行こうか、主人が出張の中一人
でどうやって…

今朝、駄目元でベランダまで運び、立たせてみました。
少し歩いた、あっ、背中かを丸めた、う、ウンチ!?
オシッコではなく、モンキーバナナを2本。更に待つこと
数分、やっと2日振りにオシッコをしてくれました。
あぁぁ、良かった、良かった。

その後は、二人で部屋に雪崩れ込みました。
さすがに20数キロあるライナを支えるのは大柄な私でも
キツイ。上腕二頭筋がますます鍛えられつつあるような…

20061021234750.jpg
ミーさんが描いてくれたライナ
ミーさん、ありがとう!

この日が来ようとは

2006.10.15

category : ライナ

comment(15) trackback(0)

先月、犬の写心家ホタパパさんから連絡をいただきました。
ライナのことを気に掛けてくださっていた事を知り、とても
嬉しかったです。ホタパパさんが関東遠征の際、もしまだライナ
が元気なら撮影していただくことにしました。正直、迷いました。
でもライナの頑張っている姿を残したかった。それから数週間経ち、
その間もうダメかと思う時が何度かありました。でも、こうして
ホタパパさんに撮ってもらえる日が来たのです。ライナ頑張ったね。
君の生命力はスゴイよ。調子が悪く寝たきりの日もあったり、
ベランダまでオシッコしに行く元気があったり、一喜一憂の日々
でした。いつもは苦しそうに呼吸しながら寝入ってしまうのに、
撮影中、頑張って起きてもいたね。ご飯も少し食べれたね。
これからも頑張ろうね。

20061015010548.jpg

プロフィール

Angelagogo

Author:Angelagogo
ゴールデンレトリバー、ライナとシンバのお世話係

フリーエリア
エントラプーレ チャリティーコンサート
 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

Copyright ©ライナGOGO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。