ライナGOGO

11歳で旅立ったゴル、ライナとその翌日にやって来たシンバとの日々。三毛キアラ & 茶トラCharも加わってドタバタな日々。そして三代目となるゴル、翼が家族に!

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンって・・・

2008.07.31

category : シンバ

comment(8) trackback(0)

発表会に来てくれた友人が撮ってくれた動画に
「イケメン、イケメン」「イケメン先生」と入っていたのが結構笑えた。
バルセロナでもイケメンを撮ってきた事を思い出したよ。

教会前でランチ
教会の前でひとりランチしていた 格好よすぎな彼

ランブラス通りにて2 ランブラス通りにて1
ランブラス通りにて ク○暑い中このパフォーマンスに脱帽

うーんあっそうだお金貸したよね?
う~ん      あっ、そうだ!  こないだお金貸したよね?

将来はバルサの選手?2将来はバルサの選手?タハハ
将来はバルサの選手か!?

うちのイケメン1うちのイケメン2うちのイケメン3
そしてうちのイケケン この三段頬がしびれる~

仕事の打ち合わせに久々に某会社に顔を出したら、
近所に住むAちゃんに「Nさん、この間、茶色のジャージ着て
公園でワンコと遊んでいるところ見かけましたよ~」と言われた。
いや、絶対人違いだから!茶色のジャージ持ってないから!
スポンサーサイト

ほ、ほたるぅ

2008.07.29

category : 美味しいもの

comment(13) trackback(0)

蛍1
蛍狩りへ
蛍2蛍3蛍4
鮎塩焼・丹波牛の朴葉焼き…くぅぅ、お酒がすすむ

宴は6時から始まり8時になると消灯、蛍狩りを楽しむ趣向
雨上がりの庭に一筋の淡い光が飛んでいく

蛍5
竹酒はもちろん手酌・・・
蛍6
何故かヤンキーっぽい二人・・・
「ほ、ほたるぅ」とシツコク黒板五郎の物真似をするお散歩係に興ざめ

素敵な写真
この日こんな素敵な写真を頂いた

チェロおばさん

2008.07.27

category : チェロと音楽

comment(18) trackback(0)

チェロを習い始めて10ヶ月、無謀にも教室の発表会に参加した。
殆どがクラシックのなか、選んだ曲は
‘While my guitar gently weeps’ George Harrison作
当然チェロ用の楽譜なんぞ無く、先生が作成してくれた上に伴奏
までしてくれる事になった。おまけに夫婦で共演しちゃえば?なんて
声が上がり、お散歩係のギター伴奏も入ることになった。
で、本番当日、夫婦の息は合わず、ド緊張の私でさえ、あれっ?
何かテンポが変??何かが変?と途中で気付いた(苦笑)
でも先生方は私に合わせてくれているだろうし、このまま突っ走って
しまえ~と思いながら、攣りそうな指でギーギー弾いて終了。
舞台袖に引っ込むとお散歩係が開口一番「失敗した~。」
えぇっ~@@本番に強いお散歩係が?私の緊張がうつったそうだ。
ワハハ、緊張を半分引き取ってくれてありがとう。
お陰で緊張のあまり頭真っ白になり演奏中断なんてことにならずに
済んだ。時々チューニングしてくれたり、弦を張り替えてくれたり、
下手でもいいから思いっきり弾け!とアドバイスしてくれた事、
感謝している。

そして先生、MAGICOの皆様、応援に駆けつけてくれた友人、
エールを送ってくれた友人に感謝。
来年はラフマニノフが弾けるように頑張る・・・つもり
めげないチェロおばさんであった。

みっちゃん先生と
みっちゃん先生とピアノの伴奏をしてくださったM先生
白目
こんなふうにシンバが傍で寝てくれるまで頑張ろう
し、白目剥いてるけど・・・


シンバの変化

2008.07.25

category : シンバ

comment(12) trackback(0)

明らかにシンバに変化が出てきた。
名前を呼ぶと今までと反応が違う。
前は一瞬躊躇している感じだったのに。
一番変わったのは、お散歩係が帰宅した時
今まではベッドから動かず、「あっ、おかえり(来たんだ)」
だったのが、尻尾振って玄関まで迎えに行くようになった。
そりゃおっさんお兄ちゃん、嬉しいよねぇ。

今日はお兄ちゃんの帰宅が早かったので皆で夕方の散歩に
皆で散歩1皆で散歩2
皆揃っての散歩は本当に嬉しそう
皆で散歩3
あわわわっ、ウンP袋、袋

今日、お散歩係が早く帰宅したのには理由があり・・・
明日、チェロの教室の発表会があり、成り行きでお散歩係
がギター伴奏で出演することになった。今晩夫婦で特訓です。
出来上がってきたプログラムを見たら、私だけROCKだった(焦
友よ、横断幕は止めてね・・・

ちょっと一服

2008.07.24

category : シンバ

comment(8) trackback(0)

いい子だよ
コミュニケーションが終わってカフェで一服
お姉さんも優しい
浜松・大平台にある『エスケリータ68
澁澤龍彦の本なんかが置いてあったり、夜はライブがあったり
面白そうなお店。ベーグルサンドがうんまい。
テラス席ならワンコもOK
兄ちゃん何かおくれ
通いのお兄ちゃん、何かくださいな~
ここは富士川SA
帰りは30キロの渋滞を前に富士川S.A.で一服
母ちゃんは?
スタバに消えた母ちゃんを捜索中
二人は
お散歩係が一緒に住んでいること、シンバいつわかるかなぁ・・・

ライナ、お仕事頑張ってね!

2008.07.23

category : ライナ

comment(12) trackback(0)

今回、ライナの写真も持って行った。
写真を見るなり、とても我慢強い子だったのねと先生。
ライナは可愛がってくれた母を亡くしていること、それからあまり
動物を好きではなかった父の元、庭で7年近く暮らしていたこと、
8歳で引き取ったことを先生に話す。

庭での生活は、辛かったようだ。お母さんが亡くなった後、お父さん
はよく私を捨てなかったわとライナは言ったそう。お父さんが私を家
に上げて可愛がってくれていたら、お父さんを励ます存在になって
いたのにと先生は残念そうだった。ライナのことを気にしながら逝っ
てしまった母とは今、会いたい時に会えているそうだ。母はライナに
会えて、とても喜んだらしい。これはお散歩係が一番聞きたかった
ことだった。

病気はとても苦しかった。今は肉体からは離れているので、苦しく
はないとのこと。

今、ライナはあまり家に来ることはない。ワンコの社会で新しい役目
についたばかりでそれがとても楽しく充実しているのだそうだ。その
お仕事のため、彼女は当分生まれ変わることはないとも。

最後の夜、私が取り乱してライナに辛い思いをさせたことを謝りたい
と伝えると、わかっていると、お姉ちゃん寝ていなくて疲れていて
限界だったからと。肉体から離れた存在になってライナなりに学んだ
のだと先生は静かに話してくれた。引き取ってくれたことにとても
感謝していると。ライナ、ありがとう。

そしてお散歩係とは兄弟みたいな関係で、むしろライナの方がお姉
さんだったそうだ。お散歩係と過ごした小さな頃を覚えているかどうか
訊くと、覚えているわよって、あなたが彼女を買いに(迎えに)いった
のね?と先生。ライナがちゃんと覚えてくれていた事にお散歩係とても
嬉しそうだった。そういえば、ライナはお散歩係を毎晩寝かしつけて
いたなぁ。お散歩係が寝ると自分のベッドに戻っていた。あれはお姉
ちゃんとしてだったんだろうな。

そんなお散歩係、今日はN師と朝までカラオケ・・・らしい。
「あっ、お兄ちゃん、また遊びに来た!」とシンバに言われるだろうな(爆

ライナ
しっかり者のお姉ちゃんライナ
お役目終えたらおいでな、待ってるよ

シンバの思い

2008.07.21

category : シンバ

comment(17) trackback(0)

シンバを連れてお散歩係とアニマル・コミュニケーションに行ってきた。
場所は浜名湖半のバーニーズの犬舎
三連休の渋滞で少し遅れるも4時間半掛けて何とか到着!

先生はシンバを見るなり、
「とても男の子らしい、心の広い大らかな子ね、ちょっと甘えん坊かな」
とクスッと笑われた。身体的なことは、体力が無い、お腹が弱いかな、
すぐ下痢になるとか、ストレスにも弱いとのこと。
ま、正にそのとおり、さすが先生と思いながら、シンバが8歳でうちに
来たことを話す。

お散歩:シンバは今でもお父(前の飼い主)に会いたいと思っています?
先生:会いたいと言ってます。
お散歩:一緒に暮らしていたゴールデンや猫達にも会いたい?
先生:会いたいと。前の飼い主の方は急なご病気だった?その方のこと
   をとても心配しています。
お世話:癌で亡くなりました。
先生:この子は亡くなったと思っていません。伝えますか?
お散歩・お世話:!・・・。亡くなったと伝えてください。
先生:伝えますね。・・・。
   うん、わかったって。亡くなった後、その方はこの子に会いに来て
   ますね。肉体が無いのでおかしいなぁとは思ったけれど、やっぱり
   そうだったんだと言っています。亡くなったとは思っていなかっ
   たのね。

お世話:シンバは今幸せですか?どう思ってますか?
先生:すごくよくしてもらっているよって言ってますよ、でも、まだ遠慮
   しているところがありますね。また何処かに行くのかなと思って
   います。甘えると別れが悲しくなるからこのままでいようと思って
   いるところが・・・。
お世話:・・・。何処にもいかない、ずっと一緒だよと伝えてください。      
先生:ちょっと待ってね。前の飼い主さんが亡くなられた事がとても
   ショックで気が沈んでいるから、一つずつね。

そして先生は静かに伝えてくれた。涙ぐまれていた。
シンバはお父が亡くなったことを知り、何となくわかってはいながらも
とてもショックだったようだ。先生がシンバにメッセージを伝える度に、
シンバの息が一瞬止まるのがわかった。

お世話:お兄ちゃん(お散歩係)のことをどう思ってるか聞いてください。
先生:家に来ると散歩に連れて行ってくれたり、一緒に遊んでくれたり
   して、感謝してるって。一緒に暮らしてないって言っているけど?
お世話:・・・。あぁ、夜遅く帰ってきて朝早く居なくなるからかな(笑
お散歩:・・・。

お散歩:彼女(お世話係)のことは?
先生:とても感謝しているって。初めてあった時(お見合いの時)、
   その前に何人かと会ってはいたけれど、お姉さんを見た時、
   この人の所に行くんだなと思ったって。

お散歩:シンバが好きなものは?
先生:何でも食べる子だけど・・・甘い果物かな、バナナとか桃とか。
   あとさつまいもも好き。

お散歩:散歩中に遊んでいて興奮すると猫の糞とか食糞することが。
先生:怒られたし、わかってるよって。興奮するとしちゃうんだって。
   前も言われていたみたい(笑

お散歩:柴犬を見ると吠えたりするのは?
先生:何かトラウマがあるとかではなく、犬種として相容れないものが
   あるみたい。向こうは向こうで、人に媚びてちゃらちゃらしてっ
   て、人が大好きなゴールデンの事をそんな風に思っているし。
   特に若くて気の強い男の子ね。遠くからでもわかるみたいね。
   あいつらキライだよーって言ってる(笑

お世話:ソブリンとは話した事がありますか?
先生:何度か話してはいるみたい。生きてる時に会ってはいないので、
   数回だけど。ソブリンのことを位の高い、お役目のある子だと
   言ってる。

お散歩:出掛けたり車に乗るのが大好きで・・・
先生:出掛けた先のことというより、車がとにかく好きだって。景色を
   追ったり、スピードや風を感じるのがとても好きみたい。
   何処かに行けるというより、車に乗ることが好きなのね。
   早いよね~って言ってますよ(笑

お散歩:シンバがしたいこととか、して欲しいことは?
先生:・・・。仲間が欲しいって。一人は寂しいって。いつも他の子達と
   暮らして、リーダー格だったのね。面倒見がいいし。面倒見て
   あげる仲間がいるといいかも・・・。

シンバには辛いコミュニケーションになってしまった。
でもお父のことは伝えないと、そしてここが終の棲家であること、
私達が最後の家族であることを彼に伝えないと何も進まない。
また何処かに行くのかなと思ってるなんて、甘えると別れが悲しく
なるからこのままでいようと思ってるなんて、バカだなぁシンバ。
帰宅後、シンバを抱きながらワンワン泣く母ちゃんにお散歩係がひと言
「泣きたいのはお前の方だよな、シンバ」はい、そのとおりです。
あなたもシンバに一緒に暮らしてると思われるようにね(笑

本日のシンバ

2008.07.19

category : シンバ

comment(6) trackback(0)

上機嫌1 上機嫌

のはずが のはずが

やめれ 遊ばれて不機嫌

もうどうにでも あっそっれそっれ、もうどうにでもしてくれ

そして寝たふり 寝たふりか

何とかしてくれ あっ、訴えてる!!

長女の野望

2008.07.18

category : バルセロナ

comment(2) trackback(0)

初日は機内から飲み続け、長女は1日目にして電池切れ、三女は2日目
にして漏電、ひとり元気だった次女、何てったって茅ヶ崎で生まれ育ち、
バハマに5年、バルセロナの暑さもなんのその

3日目はそんな3人でガタゴトと電車に揺られバルセロナ近郊の
カバで有名なコルドニウ(コドーニュ)のボデガ(醸造所)に出掛けた。
サンツ駅から電車に揺られること35分、サン・サドゥルニ・ダ・ノイヤ
に到着。前もって調べておいたタクシー会社に電話するも英語通じず。
適当なスペイン語を喋って待つこと5分、ベンツで迎えに来てくれた!

フレシネ
駅前には日本でも有名なフレシネ社が
コルドニウ1
駅から車で5分、コルドニウのボデガ到着!
コルドニウ2
プッチ・イ・カダファルク設計のモデルニズモ様式の旧館
コルドニウ3
ツアー出発までロビーで待つ
ツアーは2ユーロ、一応事前予約が必要
コルドニウ4
ガイドの案内で醸造所の建物内へ
左から三女、長女、次女(えぇ、本当の姉妹ではございませんが)
コルドニウ5
ガイドのぺぺさんと談笑する三女
コルドニウ6
始めにコルドニウ社の歴史やカバの製法をビデオで見るのだが、
コルドニウ一族の写真を見た途端、ふと頭に閃めくものが!!
次女(独身)を一族の御曹司に嫁がせ、毎年バルセロナに三女と
共に招待してもらおう!と。そしてカバパーティの日々・・・
あっ、これはルミアージュ(動瓶)のイメージ
徐々に瓶を傾けていき澱を瓶口に集めて瓶口だけ凍らせ
後に澱だけ取り除く。
コルドニウ7
地下貯蔵庫ではこんなランプが灯っている
コルドニウ8
そしてトロッコに乗り込み
コルドニウ9
地下貯蔵庫(その長さは30キロにも及ぶらしい)を爆走
コルドニウ10
埃と酵母のかほりに鼻を押さえたくなるほど
コルドニウ11
何故か『カヴァ 東京』の文字が!?
コルドニウ12
そして最後はお楽しみの試飲・・・のはずが三女前へ呼ばれ
コルドニウ13
ぺぺさんにグラスの持ち方を指導される
コルドニウ14
手入れされた広大な庭もスゴイ
コルドニウ15
コルドニウ、また来る日まで。次女頼むぞ!

そういえば、日本でコルドニウのカバを見かけないなぁと思って
いたら、いつも寄る三浦屋(中央線沿線のスーパー)に置いてあった。
わ~懐かしいとばかりに一人でカパカパと飲んでいたら、お散歩係に
うわっ、お前手をどうした!?と驚かれた。いつの間にか右手が真っ青
になっていた。普通、酔うと赤くなるよなぁ、何故に青くなるのかアタシ

クララ
ビールをファンタレモンで割った『クララ』暑い日にはもってこい
カバサングリア
これはカバのサングリア
赤ワインで作る一般的なサングリアは欧米の観光客相手に
ワイン以外の強いお酒も入れて作る悪酔いするものと聞いて
いたので頼まなかったが、このカバのサングリアは当たり!
とっても美味しかった。あぁ、やっぱりお酒のことばかり・・・

やっと来たよ

2008.07.16

category : バルセロナ

comment(10) trackback(0)

サグラダ1
朝日が当たるようにと東側に作られたサグラダ・ファミリア『生誕の門』
サグラダ2
そしてこれが見たかった
外尾悦郎さんが手掛けた「楽器を奏でる天使像」6体と「天使の合唱隊」9体
1984年に着手し16年かかって完成されたもの
2005年に生誕の門のファサードはユネスコの世界遺産に登録された
サグラダ3
入場料8ユーロを払って、西側の『受難の門』から中へ
この枝分かれした天井を支える柱にも圧倒される
しかし、エレベーター待つこと一時間と告げられ・・・
サグラダ4
待つ間、私達の前で待っていた男の子を撮らせてもらう
サグラダ5
エレベーターで上がった先には、4本の鐘塔
予定では鐘塔は全部で18本建てられるそう
サグラダ6
この鐘塔に鐘が取り付けられ、市内中にその音が鳴り響く頃また来たい
果たして生きてる内に可能なのかどうか・・・
サグラダ7
帰りはこの螺旋階段をひたすら降りていく
膝がぁ~

メガネシンバ
で、その後電池切れて皆に迷惑掛けたんだって?
歳を考えようね、母ちゃん
プロフィール

Angelagogo

Author:Angelagogo
ゴールデンレトリバー、ライナとシンバのお世話係

フリーエリア
エントラプーレ チャリティーコンサート
 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

Copyright ©ライナGOGO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。