ライナGOGO

11歳で旅立ったゴル、ライナとその翌日にやって来たシンバとの日々。三毛キアラ & 茶トラCharも加わってドタバタな日々。そして三代目となるゴル、翼が家族に!

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

こんばんは
すごーい!!大興奮!!
わたしも若かりし頃ジョルジュドンをまじかで見て楽屋にも入れてもらったけれど近づけなかった!
分かる~すごーい!!いいな=。
良かったね!!

2010.11.13  sachiko  編集

sachikoさーん、良かったよぉ(爆
やはり彼は天才、チェロの神様でした。
聴けた事に感謝しなきゃ。

ジョルジュドンのボレロ見たかったな。

2010.11.14  お世話係  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Yo-Yo Ma体験

2010.11.13

category : チェロと音楽

11日、念願のヨーヨー・マ、チェロ・リサイタル@サントリーホールへ
チケット3枚ゲットした友人から譲ってもらった1枚は最前列の右端
マ氏との距離は10メートルほど。指使い、息遣いがよくわかる席だった。
多分、こんなにも全神経を集中させて聞き入ったコンサートは他にはないと思う。
後に残った感動と心地よい疲労感は最高だった。

ブラームスやラフマニノフのチェロ・ソナタの演奏も素晴らしかったが、
マ氏の50歳の誕生日に、今回共演しているピアニストのキャサリン・ストットが、
作曲家グラハム・フィトキンに依頼し完成した、チェロとピアノのための『L』
の演奏もまた素晴らしかった。

マ氏とキャサリンの出会いが面白い。まだ二人が無名の頃、マ氏がロンドンで開催
されるフェスティバルに参加するために、その近くのフラットを借りた。暑い最中、
彼がパンツ1枚の姿でチェロの練習をしていた所に、現れたのがキャサリン。元々この
フラットには彼女が住んでいて、彼女の同居人が、数週間マ夫妻に又貸しをすることを
彼女に伝えていなかった。帰宅したら、男性が裸でチェロを弾いていたら驚くわ~@@
その記事はこちら

今日はこれから渋谷まで写真展へ!
明日の天気よ、何とか持ちこたえておくれ~。

素敵な関係にゃ
スポンサーサイト

コメント

こんばんは
すごーい!!大興奮!!
わたしも若かりし頃ジョルジュドンをまじかで見て楽屋にも入れてもらったけれど近づけなかった!
分かる~すごーい!!いいな=。
良かったね!!

2010.11.13  sachiko  編集

sachikoさーん、良かったよぉ(爆
やはり彼は天才、チェロの神様でした。
聴けた事に感謝しなきゃ。

ジョルジュドンのボレロ見たかったな。

2010.11.14  お世話係  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

PrevEntry |  to Blog Top  | NextEntry
プロフィール

Angelagogo

Author:Angelagogo
ゴールデンレトリバー、ライナとシンバのお世話係

フリーエリア
エントラプーレ チャリティーコンサート
 
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

Copyright ©ライナGOGO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。